赤瓦民家(カワラヤー)を再現し、沖縄の離島沖縄家庭の温かさを表現しました。

ご予約はこちら

タイムスリップしたような波照間の店内

琉球石灰岩を積み上げた石垣。
白い路の先には赤瓦の家があり、がじゅまるが木陰を落としています。
ここは、沖縄? おじぃ、おばぁの家に遊びに来たみたいにのんびりと、心がほぐれていきます・・

予約はコチラのページをご覧下さい
波照間川崎 店内がじゅまる
「がじゅまる」の木がそびえ、赤瓦の民家や石垣が立ち並ぶ店内は、沖縄の素朴な暮らしをまるごと再現しています。
波照間川崎 家の中
沖縄の昔の民家のつくりを忠実に再現しています。左に見えるのはなんと「仏壇」。沖縄では仏壇の前を「一番座」といい、そこが上座になります。
波照間川崎 カウンター
オープンキッチンで厨房の活気が伝わってきます!
水槽に入っているのは「海ぶどう」です。
波照間川崎 がじゅまるの下の席
「がじゅまる」の下でのお食事。壁にかかっているのは沖縄生まれの画家・野津唯市(のずただいち)さんが描いた戦前の沖縄のまちです。
ご予約に関してはコチラをご覧下さい